不動産売却Q&A

2017.10.13更新

中古マンション、中古の戸建の場合「リフォームしてから売却すべきか?」「リフォームせずそのまま売却すべきか?」というご質問を良く頂きます。

当社では多くの場合「リフォームせずそのまま売却の方が得策」とお客様にご提案しています。一部特殊なケースを除きリフォームせずそのまま売却する方が売主様だけでは無く、買主様にもメリットがあると考えている為です。

理由としては以下の理由からです。
《売主様目線》
・基本的に300万円のリフォームをして300万円以上の売却額のアップは見込めない。
(リフォームには当然リフォーム業者の利益も入る為)
・物件が売れて売却金額が入ってくる前に、先行して大きな支払い(リフォーム費用)が発生する

《買主様目線》
・お金を掛けてリフォームするのであれば、自信の判断で過不足無く、趣味に合ったものをしたい。
・好みでないリフォームがされて高くなるのであればその分物件額が安い方が良い


もちろんリフォームを行った後に販売活動を行う方が、物件の見栄えも良く不動産会社としては営業は説明しやすいですが、
「売主様に先にお金が出ていくリスクが発生すること」
「買主様のイメージと違うリフォームを行う事によって物件額が無駄に上がってしまうこと」
を考えると多くの場合はお勧め出来るものでは無いと考えます。

 

リフォームをした方が良い場合をあえてあげるとすれば以下のようなケースが想定出来るかと思います。
・クロス等に強く臭いまたは汚れがついており、クロスの張替のみ等、少額のリフォームで物件のイメージが大きく改善される場合。
・リフォームをしないと住める状態がイメージ出来ないほど建物の傷みがはげしい場合でリフォームをすることで売れない物件から売れる物件へと変わることが出来る場合。

このようなケースでも、営業担当者がご購入検討者様へしっかりとご説明を行いリフォーム後をイメージ頂けるお打合せを行えばリフォームを先行して行わなくてもご成約は十分見込めるケースが多いですので基本的にはリフォームを行わずそのまま売却するのが得策と考えます。

投稿者: 株式会社東海エステート

  • SUUMO(スーモ) スーモ掲載中!
  • 不動産情報総合サイト at home web
  • 簡単ワンクリックローン返済シミュレーション