不動産購入Q&A

2016.10.11更新

仲介手数料が必用な「仲介物件」と、仲介手数料が不要な「売主物件」が有ります。

「仲介物件」とは売主と買主の間に仲介会社が入る物件のことです。
現在パワービルダーと言われる、販売活動を地元の不動産仲介会社に委託して、土地の仕入れ、お家の施工のみを行う業務形態の企業様が非常に多くの新しいお家を世の中に送り出していることが「新築住宅の仲介物件」が増加している背景にあります。

パワービルダーは新しいお家を世の中にプロデュースすることに注力し、販売の為の営業部隊を持ちません。
その為、営業人員のコストが抑えられています。
もともとの販売価格がお求め安い価格となっていますので、仲介手数料を含めてもお値段以上の物件がたくさん有ります。


一方「売主物件」とは広告主である不動産業者が、自ら土地を仕入れ、建物の設計・施工を行ない販売までを行う物件となります。
仲介手数料はかかりませんが、もともとの物件価格の中に営業人員のコストが含まれた価格設定となっています。

投稿者: 株式会社東海エステート

  • SUUMO(スーモ) スーモ掲載中!
  • 不動産情報総合サイト at home web
  • 簡単ワンクリックローン返済シミュレーション